記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の前日

夏の前日

吉田基已さんの『夏の前日』を拝読しました。
先日、友人と呑みながら、グダグダと近況を語った時に薦めてくれた作品。
どうやら、今の私に読ませたいらしい。
近所の書店には売ってなかったので、通販で全5巻をまとめて購入。
作中に中也の詩が登場したので、一緒に撮ってみました。

「※ただしイケメンに限る、みたいな本を薦めやがって!バーカ、バーカ!」
と呪いながらページをめくり続けましたが、そこはやはり、芸術大学の物語。
単に淡くて、時に残酷な青春の話、、、という印象だけでは終わりません。

主人公が画を描く理由を見失ってしまった時、
美大予備校の講師のバイトで出会った学生たちに感化されて、
再び創作と向き合う場面であったり、
実家の家族との微妙な距離感であったり、etc...

清らかなんだけど、
きっと傍から見たら歪にしか映らない三角関係も嫌いじゃないです。
あと、4巻の巻末にある「きれいな景色見せてあげる!」が大好き。
確かに、比べられるために作品を創る訳ではないけれど、でも。。。

本を読む前は、いつもBGM選びで悩みます。
どんなストーリーか知らなくても、表紙などの印象から1枚を選ぶ。
4巻までは、大友良英さんの『blue』でしたが、
最終巻だけは、田部京子さんが弾く吉松隆さん作曲の『プレイアデス舞曲集』に変更。
星にまつわる作品を聴きたくなったのです。

『夏の前日』を読んで、色々と思い出す。
美術家さんの視点、この人には世界がどう見えてるんだろう?という興味。
思考の何をどうしたら、この作品が出来上がるんだろう?という好奇心。
最近、忘れてしまっていたかも、、展示にも行けてない。。。
私も動かないと!

とても美しい作品と出逢わせてくれた友人に感謝!
年内の予定をメールしますので、また呑みましょう。
私も、音楽を頑張ります!(o・∇・o)

【追記】
1回読んだだけじゃ話を理解できないようなバカだから、
改めて読み直して、物凄く悶絶してる。
『夏の前日』、、、あかんわ、この作品。。。

スポンサーサイト

コメント

きっと色々と食らってくれるだろうと思いました。嬉しいです。笑
"きれいな景色〜"は僕も本当に好きな小品だわ。

底辺の社畜故になかなか師走の予定が立てられませんが、
また連絡させてもらいますね!!

ほんと、大ダメージですよ。今ごろ何を、、みたいな妄想も捗るし。
でも、どうしてでしょうね。
何度か読むうちに、ドロドロした気持ちが解消されました。
後日譚?の展開を知って、ワンチャンを多少は期待しましたが。
素敵な夢を見させて頂いた2ヶ月間が、良い形で終わりを迎えました。

あの小品は、ぐっと来ますよね!
創作してたら、きっと殆どの方が感じるのではないかしら。

師走の予定、どうぞお気になさらず。
こちらも稽古や音源制作で慌ただしくなりますが、必ず呑みましょう。
ネタは豊富にございます。笑

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。