記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kago-tag note #2「四季のソネット」開催

望月豪  鷹羽弘晃

2012年より不定期で開催しております、国内外で活躍の演奏家をお招きする自主公演。
7月からは「Kago-tag note」として再始動しますが、
その第2回公演が早くも決定しましたので、ここにお知らせ致します。

今回ご出演頂くのは、
マンドリン独奏:望月豪さん、客演指揮:鷹羽弘晃さん、
リベルテマンドリンオーケストラの皆さん。
尚、本公演はLibertéとの共同主催公演となります。

実は今、マンドリンが熱いことをご存知でしょうか?
朗らかで素朴な暖かさも、肌を切るような厳しい寒さも、
マンドリンは豊かな音色で描き出します。
この音色に魅了され、開拓の余地が大きく残されているという意味でも、
新進からベテランまで多くの作曲家が新作を書き続けています。

その背景には勿論、
新作に積極的なマンドリン奏者やマンドリンオーケストラの存在があります。
その一人が、今回ご出演頂く望月豪さんであり、彼が代表を務めるLibertéです。

私も2012年の独奏曲を皮切りに、マンドリン協奏曲や、
クラリネットとの二重協奏曲など様々な編成で作曲させて頂いておりますが、
従来の奏法から逸脱せずとも新鮮な音響を生み出せる点に、
特に魅力と可能性を感じております。

これらの初演でもお世話になった鷹羽弘晃さんは、
作曲家・ピアニストとしても幅広く活躍されています。
多忙を極める方ですので、この布陣での鹿児島公演が実現出来ることを、
大変嬉しく思っております。

本公演の副題は「四季のソネット」です。
これは、ヴィヴァルディの《四季》を演奏して頂きたいと、
私が強く希望したことに由来します。
マンドリンオーケストラの演奏を聴いたことが無いという方は、
以下の動画を是非ご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=UvT-18YA5iQ



連休中の開催ではございますが、今から予定を空けておいて頂ければ幸いです。
その他のプログラムは後日発表致しますので、是非ともご期待ください。
何卒宜しくお願い申し上げます。



Kago-tag note #2「四季のソネット」

■開催概要

【日時】2015年9月21日(月・祝)
    13:00開場/13:30開演
【会場】サンエールかごしま・2F講堂
【料金】一般2,500円/学生1,500円(当日500円増)
【チケット販売】後日お知らせ致します
【ご予約・お問合せ】
    Kago-tag note 実行委員会事務局
    090-7394-1840/greenhorn2011@gmail.com(田口)
    Liberté事務局
    info @ liberte-mandolin.com

■出演者プロフィール

Liberté(リベルテ)- マンドリンオーケストラ

マンドリンを通して音楽の可能性を追求するため、望月豪により2003年に結成され、現在東京を拠点に活動中。ピアノ曲・管弦楽曲等の編曲作品の演奏のほか、現代の作曲家への委嘱にも力をいれており、これまで10曲のマンドリンオーケストラ楽曲を初演し、またLibertéライブラリープロジェクトとして多くの楽曲をYouTubeで公開している。
2006年マンドリン連盟主催のMUSICA MANDOLINO合奏コンクール東京では第1位を受賞。2015年、ニューヨークのクラリネット奏者・Thomas Piercy氏と代表・望月豪のプロジェクト「マンドリンとクラリネット」に出演。CDは「協奏曲集《四季》」「マ・メール・ロワ」を発売。
Webページ:http://www.liberte-mandolin.com/
Youtubeチャンネル:LiberteMandolinJP

望月 豪(もちづき ごう)- マンドリン

1980年、カナダのトロントにて生まれ、4歳でエレクトーンを、15歳の時にマンドリンを始める。慶応義塾マンドリンクラブ等でコンサートマスターや指揮者を務める。
2006年、「MUSICA MANDOLINO合奏コンクール東京」ではリベルテを指揮し、第1位/最優秀指揮者賞を受賞。2009年、第5回大阪国際マンドリンコンクール(マンドリン独奏部門)にて日本人として初の第1位。2014年、現代音楽演奏コンクール「競楽XI」ではマンドリン奏者として初のファイナル出場と聴衆賞を受賞したほか、複数のコンクールでの入賞経験を持つ。
これまでにリサイタルを東京/大阪/パリにて開催、20を超える演奏会での協奏曲のソリストを務め、管弦楽での賛助出演等もしている。多くの新作世界初演にも携わり、初演した楽曲は50曲にのぼる。現在はリベルテの代表・コンサートマスターを務め、多くの楽曲をYouTube等で公開している。CDは自身が指揮・独奏を兼務している「協奏曲集 四季」や「Tzigane 望月豪マンドリンリサイタル」等、独奏を担った協奏曲が含まれるものが5枚発売されている。片岡道子、越智敬、池谷淳子各氏に師事。

鷹羽 弘晃(たかは ひろあき)- 指揮

2001年桐朋学園大学作曲理論学科卒業。作曲を三瀬和朗、権代敦彦、ピアノを三瀬和朗、ローラン・テシュネ、藤井一興、指揮を小泉ひろし、秋山和慶の各氏に師事。2009年より、パリ・エコール・ノルマル作曲科に留学。エディット・ルジェ女史に師事。Diplome Supérieur取得。第68回日本音楽コンクール作曲部門入選。
これまでに、室内楽、声楽を中心に作品を多数発表。ヴェネツィア・ビエンナーレ、神奈川芸術文化財団などから委嘱を受け、作品は著名な演奏家によって演奏されている。マンドリンの為の近作に、マンドリン・ソロとマンドリンアンサンブルのための「水上の月」(リベルテ マンドリンオーケストラ委嘱)、マンドリンアンサンブルのための「響めきの研究」(アンサンブル テスタ カルド委嘱)。
ピアノ演奏では1999年第9回日本室内楽コンクール第1位(ヴィオラとの共演)。近年ではNHK「FM名曲リサイタル」、Festival de l'Orangerie de Sceaux(フランス)等に出演。室内楽での活動が多い。指揮では、アンサンブル・ノマドや、アンサンブル・コンテンポラリーα等に客演。ピアノ演奏も含め、多くの初演に携わり現代作品を中心に活動。2010年より和楽器とバロック楽器からなる「アンサンブル室町」の指揮をつとめる。
https://www.facebook.com/takahahiroaki

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

01 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。