記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Kago-tag note』始動

本條&佐藤2  岩坪

国内外で活躍する演奏家を鹿児島にお招きし、
現代音楽に特化した自主公演を2012年より不定期で開催しておりますが、
5回目となる本公演からは、シリーズ名を「Kago-tag note」として再始動します。

昨今のSNSで用いられる「タグ」のように、
本公演での体験が出演者とご来場のお客様を共に刺激し、
お互いの活動や交流が深まることを期待して名付けました。

第1回公演にお招きするのは、
東京で「弦の織り逢い」というコンサートシリーズを開催されている、
三味線奏者の本條秀慈郎さん(2014年度出光音楽賞受賞)と、
チェロ奏者の佐藤翔さん。

拙作も何度か取り上げて頂きましたが、
日本と西洋の二つの楽器によって新たな音を創るだけでなく、
異なる文化の価値観を共有できる「場」は如何にして成立するか、
ということを強く意識されていて、
その姿勢に共感したことが本公演を開催するきっかけとなりました。

今回は、昨年の「弦の織り逢い Vol.2」で語りを務められた、
岩坪成美さん(鹿児島市出身)にもご出演頂き、
文化の影響がより色濃く反映される「ことば」を用いた作品も取り上げます。

その一つが、三島村の黒島を舞台にした、
有吉佐和子の小説『私は忘れない』に基づく新作で、
東京藝術大学准教授の大石泰先生に台本作成のご協力を頂いております。

他にもソロやデュオの作品など、興味深いアイデアを幾つも頂いており、
どのような公演になるか想像しては、私自身が興奮している所です。

数ヶ月先の公演ではございますが、今から予定を空けておいて頂ければ幸いです。
プログラムは後日発表いたしますので、是非ともご期待ください。



Kago-tag note #1「弦の織り逢い」

【日時】2015年7月19日(日)
    昼公演…12:30開場/13:00開演
    夜公演…18:30開場/19:00開演
【会場】e-space hall(旧・鹿児島市交通局近く)
【料金】一般2,500円/学生1,500円(当日500円増)
【ご予約・お問合せ】「Kago-tag note」実行委員会事務局(田口)
    090-7394-1840/greenhorn2011@gmail.com

■出演者プロフィール

本條 秀慈郎(ほんじょう ひでじろう/三味線)

栃木県出身。本條秀太郎師に師事し、本條秀慈郎の名を許される。桐朋学園大学短期大学部に入学し、故杵屋勝芳壽師に師事。現代邦楽研究所(所長:西潟昭子)修了。東京邦楽コンクール第1位、第11回現代音楽演奏コンクール「競楽XI」第3位。
日本現代音楽協会主催「コンチェルトの夕べ」にて、山下一史指揮/桐朋学園オーケストラと共演。トーキョーワンダーサイト主催「一柳慧プロデュース公演」にて、フィンランドの現代音楽演奏家グループAvanti!と共演。これまでに4回のリサイタルを開催し、リサイタルライナーノーツには、演出家の蜷川幸雄氏より「繊細で、時に強く烈しいその演奏は深い感動を呼び起こす。」と執筆された。
今年5月には東京オペラシティ文化財団主催「B→C」に出演。第25回出光音楽賞受賞。現在、桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。

佐藤 翔(さとう しょう/チェロ)

埼玉県出身。16歳よりチェロを始め、桐朋学園短期大学部を経て、桐朋学園大学に編入学、卒業。アジア・フィルハーモニック・オーケストラ・アカデミー2006、パシフィック・ミュージック・フェスティバル2008に奨学生として参加。トリトンアーツネットワーク主催、2012年度の室内楽アウトリーチセミナー修了。
ラ・フォルジュルネ・オ・ジャポンのエリアコンサート、近江楽堂ランチタイムコンサート、東京オペラシティ文化財団主催“音楽の「たまて箱」”に出演。打楽器奏者・中山航介氏(京都市交響楽団)とのデュオ「BokuLa」、調布市せんがわ劇場主催の演劇公演「わが町、せんがわ」シリーズでの演奏など、ジャンルに囚われず幅広く活動を行っている。
桐朋学園芸術短期大学嘱託演奏員、足利市民会館専属・足利カンマーオーケスター登録アーティスト。

岩坪 成美(いわつぼ なるみ/語り)

鹿児島市出身。桐朋学園芸術短期大学専攻科演劇専攻修了。高校時代、瞳まりあ氏に師事し、ミュージカルを通して役者を志す。現在はフリーの役者として様々な劇団に客演し、活動する。音楽の生演奏と芝居が共生する音楽劇にも多数出演。
主な出演作に、世仁下乃一座フェアアート/岡安伸治ユニット『おぐり・OGURI~打ち捨てられし人々の御物語~』(岡安伸治演出)、シアターカンパニーOrt-d.d『音楽朗読劇・宮沢賢治のイーハトーボ』(倉迫康史演出)、A.C.O.A.『ジョン・シルバー』(鈴木史朗演出)等がある。

■新作『私は忘れない』台本

大石 泰(おおいし ゆたか)

1951年東京生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、日本教育テレビ(現テレビ朝日)入社。主に「題名のない音楽会」「オリジナルコンサート」などの音楽番組を担当。特に故黛敏郎氏が企画・司会を務めた「題名のない音楽会」には、ディレクター、プロデューサーとしてその制作に深く関わる。その後、黒柳徹子さん司会のトーク番組「徹子の部屋」のプロデューサーを務め、2004年3月テレビ朝日を退社。
同年4月より東京藝術大学演奏藝術センターに移り、学内外でのさまざまなコンサートの企画・制作に当たっている。現在、東京藝術大学演奏藝術センター准教授。

■これまでの自主公演

山田岳ギターリサイタル in 鹿屋
 ・1st Day~クラシックギターによる現代音楽(2012.7.28@レストラン ロートレック)
 ・2nd Day~エレクトリック・ギターによる現代音楽(2012.7.29@Bar Bottoms Up)

Trio Ku 鹿児島公演』(2012.8.26@e-space hall)

伊藤憲孝ピアノリサイタル~初演~ 鹿児島公演』(2013.3.24@e-space hall)

會田瑞樹ヴィブラフォンソロリサイタル鹿児島公演』(2015.1.29@e-space hall)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。