記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記念。

「Twitter記念日、おめでとうございます。Twitterを始めてから5年が経ちました。」
というメールが本日届きました。

第26回現音作曲新人賞本選会へ参加するために、初めて上京した2009年11月。
ブログ、mixi、Facebookのいずれにも興味を持てなかったのですが、
自分の楽譜が公の場で初めて音になるという貴重な機会でしたので、
東京での日記のようなものを付けておきたい、という思いから始めたTwitter。
いつの間にか、5年が経過したのですね。

先日も友人から「以前は『Twitter作曲家』と自称していたよね」と言われましたが、
私が作曲を続けられているのは、確実にTwitterのおかげです。
作曲家や演奏家との出逢い、様々な情報や批評、思索の数々、etc...
「Twitterはポータルサイト」という表現が以前ありましたけど、
現代音楽に限らず、音楽関係者の知り合いがほぼ皆無、
かつ、無謀にも田舎で作曲を独学している者にとって、
比較的オープンでアノニマスな印象のあるTwitterは、本当に最適でした。

また、住む土地は一定ながら、具体的な対象のある役割や貢献を掲げることも無く、
のらりくらりとした根なし草のような活動が出来ているのも同様のこと。
このような出自ですから、それだけで批判や疎外の標的に最適でしょうが、
おかげさまで、心身共にふてぶてしくなりました。
「10年前だったら、君のようなライフスタイルの作曲家は有り得なかっただろう」
と言われたこともありますけど、何もかもご縁のおかげだと感謝しております。

音楽家のツイートに音楽は勿論のこと、時事や思想的な内容を多く求める場合、
あと、1日の(RTを含む)ツイート数が100を超えるような人が邪魔な場合、
私のアカウントをフォローしない方が賢明でしょうが、
もし興味のある方は、ご覧になってみてください。
時間によって、様相が変わるかも知れません。
https://twitter.com/t_AGCH

以下は、Twitterで最初のプロフィール画像に使用していたもの。
この印象も、意外と強かったようですね。

Twitterアイコン

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。