記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思索。

すばる10月号の藤田直哉氏「前衛のゾンビたち――地域アートの諸問題」が一部で話題となり、
Twitterに投稿された意見をまとめたTogetterが更新され続けています。
最近だと美術批評家の土屋誠一氏や、美学芸術学、森功次氏のツイートが印象的でした。
http://togetter.com/li/716706

突っ込みたい所は幾つかあるものの、地方で批評がなかなか機能しない現状や、
社会と関わることでアドバンテージを得られる傾向への危惧などは共感します。
また、以前何かの本で読んだ、
「制度から離れた所に知られざる作品が埋もれている、という訳でもない」
という一文への怒りと自省の念もぶり返しました。

これを地方の問題に限定して読むのは勿体無いでしょうし、
現代音楽へ置換した時の齟齬も興味深いです。
住んでいる地域が、必ずしも活動拠点となる訳ではない作曲家の立場としても、
地域との距離感は課題の一つだと改めて考えることでした。

先日紹介した東浩紀氏の近著『弱いつながり 検索ワードを探す旅』もそうですが、
私なりの思索を深めてくれる文章との出逢いは、やはり生活に欠かせないものです。
https://cakes.mu/series/3177
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。