記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心礎。

山形屋文化ホールで開催の『安倍圭子の世界』を聴きに伺いました。
出演者全員で演奏したアンコールの「勇気一つを友にして」がアレンジ、演奏共に素晴らしかったです。
マリンバアンサンブルは倍音が干渉し合って、時に気持ち悪いクラスターを形成しがちですが、
これはすっきりした響きが選ばれていて、とても私好みでしたし、
最近、マリンバアンサンブルのためのアレンジを幾つか担当したこともあって、
こんなアプローチがあったのかと、驚く場面もありました。

安倍先生の独奏による「ガレリア・インプレッション」や、
マリンバ以外の打楽器も効果的に使われた「火祭りの踊り」も素敵でしたし、
先生がレコーディングされた「今日の料理のテーマ」も、
この楽器が市民権を得られていなかった頃のエピソードと共に、聴くことが出来ました。

また、マリンバの成り立ちを説明する中で、
先祖にあたる楽器を現行のマリンバで模倣されていて、大変面白かったです。
即興的に作ったフレーズと共に、すぐにメモすることでした。

本公演には、打楽器グループ「フォーマレッツ」メンバーの中間貴子さんと平井あかねさんを始め、
上別府宙さん、内原圭乃さん、村田朋美さん、宇都遼介さん、大瀬美里さんも出演、好演されていました。
鹿児島の打楽器奏者は本当に充実していると、改めて感銘を受けた次第です。
余談ですが、宇都さんは2月に初演した室内オーケストラ作品「思無邪」にて、
理不尽とも思えるティンパニ独奏を見事に叩き切って下さった恩人です。

一時期は「打楽器のための新作って、マリンバばかりだな」という先入観を持っていましたが、
そういう時期も音楽界に必要だったという理解と共に、今はとても楽しく聴くことが出来ます。
幸せな音楽の時間でした(●・▽・●)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

01 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。