記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

如月。

《思無邪》リハーサル0123

くっ。

2月になりました。今月は、二つの公演で拙作を演奏して頂きます。

16日(日)、みやまコンセール(霧島国際音楽ホール)自主事業、
鹿児島の作曲家たちによる『本日初演!のコンサートI』」にて、
室内オーケストラのための《思無邪》が初演されます。
「思無邪」とは島津斉彬公の座右の銘であり、大好きならぁめん屋さんの名前でもあります。

演奏は、みやまコンセール協力演奏家を中心とする室内管弦楽団、指揮は真邉省至先生。
他にも、池田圭佑、井元透馬、川崎聖子、中村匡宏の四氏の室内楽作品が第1部で、
石田匡志、伊地知元子、久保禎の三氏の室内オーケストラ作品が第2部で初演されます。
http://greenhorn2011.blog24.fc2.com/blog-entry-543.html

28日(金)、マリンパレスかごしま・4Fカナホールで開催の、
J.S.バッハと日本の現代リコーダー作品』にて、
リコーダー二重奏のための《Reflectors》が再演されます。
主催者である吉嶺史晴先生は、ブログで次のようにご紹介下さいました。
「決して古くならない時代の空気を反映しているような感じがして、僕はすごく好きな曲だ」

演奏は、初演者でもある柴立美佐子さんと春花美咲さん。
既に全国規模のコンクールで数々の入賞歴がある、
若いリコーダー奏者(鹿児島国際大学国際文化学部音楽学科リコーダー専攻3年)です。
ちなみに、初演時は1年生でした。
他にも、J.S.バッハの作品と共に、久保禎先生と吉嶺史晴先生の作品が再演されます。
http://blog.goo.ne.jp/fumiharumusic/e/ecc4263bc91ae436ad620f0ebc1c9353

現在は、フルートとギターのための《Waterfalls》を作曲中。
今年再演される予定の過去作を読み返す内に、
「やりたいことが剥き出しになっている、という意味での単純な音楽。
 こなれていない作曲。一所懸命やった上での失敗作でないと嫌だ」
と改めて思うようになりました。
昨年、上田希さんが京都で再演したクラリネット独奏曲《-ade》を聴いたことも影響しているでしょう。
寝ようと考えながら寝付けないように、意識している間は作れないだろうとも思いますが。

本作は3月16日(日)、九州大学大橋キャンパス・多次元デザイン実験棟ホールで開催される、
ひびき・ま・かたち~音楽場の創成~』第2コンサート「音楽空間への試み」にて、
永井由比さんと山田岳さんによって初演されます。
前日に開催されるシンポジウム「音楽場としての九州」にも、パネラーとして出席させて頂く予定。
イベントの詳細は追ってご紹介致します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。