記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水辺。

永井由比1

11/22、東京オペラシティ・リサイタルホールで開催される、
フルート奏者、永井由比さんのリサイタルにて、
委嘱新作《Waterscape》を、ギタリスト、山田岳さんとの共演で初演して頂きます。
http://www.operacity.jp/concert/calendar/#/list/all/2013/11/e/5932

永井さんから頂いたお題は、次の通り。
「題名が水や海に因んだ、風景が浮かんで来るような、メロディックでロマンティックな作品」

フルートとギターという編成で水や海となると、武満徹さんが真っ先に思い浮かぶのですが、
今年3月、同じく永井さんと山田さんに初演して頂いた《水彩》という作品が同様のテーマでしたので、
寧ろ、こちらとの差別化が私の課題の一つとなっております。



「メロディックでロマンティックな作品」というお題は難しく、
友人に相談すると「いつものお前の作風じゃないか」と返されてしまいましたが、
改めて意識し始めると、なかなか筆が動かなくなるものです。
しかも、『おおすみ-かごしま芸術祭2013』以降の「混乱」状態も続いていますから、
なかなか苦戦しております。

でも、今月に入ってから漸く糸口が見え始めた感じですし、
いつものように決心が付けば、あとはスムーズに筆が動き始める筈!
(その作品でやりたいことの吟味や取捨選択に、毎回、時間が掛かってしまうのです、、)

今年に入ってから集中的に取り組んでいる作曲の方法があるのですが、
上半期に作った幾つかの作品は、あまりに作為的と申しましょうか、
技術のみで作り上げたと思われても仕方ないようなケースがございました。
そこから幾分かは柔軟に取り組めているだろうと、最近では思っておりますが、
今回は一体どうなりますことやら・・・。。

また、先述の芸術祭で初演したピアノ10台作品の「Function」というモットーも、
タイトルには含まれていないものの、大きく影響することでしょう。

「本番2ヶ月前に脱稿する」自分ルールを今回は守れそうにありませんが、
永井さんに猶予を頂いておりますので、作品とじっくり向き合って参ります。

それにしても、大変興味深い公演です。
ちょっと先の話になりますが、皆様、是非ご来場下さいませ!(*´v`*)



永井由比 フルートリサイタル
【日時】2013年11月22日(金)18:30開場/19:00開演
【会場】東京オペラシティ・リサイタルホール
【料金】一般4,000円、学生3,000円(全自由席)

【出演】
永井由比(Fl.)、鷹羽弘晃(Pf.)、佐藤翔(Vc.)、山田岳(Guit.)

【プログラム】
坪能克裕/狐王の祭礼
鷹羽弘晃/ウロボロスの蛇
ウスコ・メリライネン/フルート、水の鏡
田口和行/Waterscape(委嘱初演)
ジョージ・クラム/鯨の声

【チケットお問い合わせ】
村松楽器販売株式会社 03-3367-6000
東京オペラシティ チケットセンター 03-5353-9999

【協力】村松楽器販売株式会社
【後援】桐朋学園芸術短期大学芸術科音楽専攻同窓会「桐の音」

【出演者プロフィール】
永井 由比  ながい ゆい(フルート)
フルートを青木明、野口龍両氏に師事。
桐朋学園大学短期大学部卒業、同専攻科、研究生修了。
現代音楽コンクール競楽、東京音楽コンクール入賞、入選。
これまでに、ISCM国際現代音楽祭、東京室内歌劇場でのロシア公演、
サントリーサマーフェスティバルでの出演など現代音楽分野で活発に活動する他、
子供たちへの音楽ワークショップやアウトリーチ活動などもライフワークとしており、
これまでに、学校、養護施設などでのアウトリーチ、
子供対象のワークショップの公演は400回を越えている。
(財)地域創造公共ホール音楽活性化事業登録アーティスト。
桐朋学園芸術短期大学常勤講師。ムラマツフルートレッスンセンター講師。

山田 岳  やまだ がく(ギター)
1981年、広島生まれ。ドイツ・ベルリン“ハンス・アイスラー”音楽大学卒業。
2009年に帰国後は東京を拠点に、全国各地でリサイタル活動を行う。
国外での活動も多く、これまでにベルリン、ハノーファー、北京、ハノイ、
ホーチミンシティなどに招かれ、リサイタルやマスタークラスを行った。
第41回クラシカルギターコンクール(日本)優勝、
第38回ガルニャーノ国際ギターコンクール(イタリア)最高位、
第9回現代音楽演奏コンクール「競楽IX」優勝。
2010年、第20回朝日現代音楽賞を受賞。

佐藤 翔  さとう しょう(チェロ)
桐朋学園短期大学部(現、桐朋学園芸術短期大学)卒業。同校卒業演奏会に出演。
卒業と同時に桐朋学園大学に編入学、卒業。同大学研究科を修了。
三味線、尺八、チェロの編成にて、第一回和洋楽器グループコンテスト、
グランプリならびに読売新聞社賞受賞。
チェロをドナルド・モリーン氏、北本秀樹氏に師事。
これまでに室内楽を、堤剛、金本恵の各氏に師事。
現在、桐朋学園芸術短期大学嘱託演奏員、
足利市民会館専属・足利カンマーオーケスター登録アーティスト。

鷹羽 弘晃  たかは ひろあき(ピアノ)
2001年、桐朋学園大学作曲理論学科卒業。
作曲を三瀬和朗、権代敦彦、ピアノを三瀬和朗、ローラン・テシュネ、藤井一興、
指揮を小泉ひろし、秋山和慶の各氏に師事。
2009年より、パリ・エコール・ノルマル作曲科に留学。
エディット・ルジェ女史に師事。Diplome Supérieur取得。
第68回日本音楽コンクール作曲部門入選。
ピアノ演奏では1999年、第9回日本室内楽コンクール第1位(ヴィオラとの共演)。
2003年「OTOの会新作コンサートシリーズ」にて自作初演を含む全曲初演リサイタルを行った。
これまでに共演者として、JTアートホール「アフタヌーンコンサート」、
NHK「FM名曲リサイタル」、Festival de l'Orangerie de Sceaux等に出演。室内楽の活動が多い。

永井由比2
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。