記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹蛇。

9/12(木)に鹿児島市で開催される、
「FLUTE and OBOE VOL.7 ~現代のコンサート~」のリハーサルに立ち会って参りました。

私の《虹蛇》は昨年、浅生典子、片倉聖、樋園亮の三氏によって初演されましたが、
今回はよりスマートに、かつ充実した演奏になっていると感じました。
特殊奏法はスコア上から姿を消しているものの、技巧的なフレーズが頻出する本作。
以下のプログラムノートを含め、
ある意味、私には珍しい硬派な内容の作品を再演して頂けることは大変嬉しいです。
ちなみに、三人が特殊奏法を苦手としている訳ではなく、
特に浅生さんと片倉さんは寧ろ、現代曲に強い演奏家だということを記しておきます。

当日配布のプログラムには簡単な説明のみが掲載される予定ですので、
昨年5月に書いたプログラムノートの抜粋を、ここにご紹介致します。
勘違いや飛躍が過ぎる内容かも知れませんが、
本作の後に書いた殆どの作品の根底には、同様の想いがきっとあるだろうと思います。



オーストラリアのアボリジニに伝わる「虹の蛇」の神話。
聖なる泉の底に棲み、生物にとって大切な水や雨を自由に操る蛇の精霊。
この善悪を超えた存在より、すべての生物は生まれたとされている。
また、泉を汚された場合、怒りによって洪水や疫病がもたらされることもあるらしい。

中沢新一氏(宗教学者、人類学者)の著書『虹の理論』に出て来る、
「虹の蛇」の話に魅了され、これをテーマに作曲したいと思った。
クラシカルな音楽の場合、オーケストラのような編成でこそ試みるべきテーマかも知れないが、
スケールのミスマッチ感が作曲意欲を掻き立てた。

作曲するにあたって、上記の本に出て来る幾つかの引用も参考にした。
例えば、クロード・レヴィ=ストロース(人類学者)が虹を「半音階的なもの」と呼んだこと。
また、ジャン=ジャック・ルソー(哲学者・作曲家)は「半音階法」について次のように唱えた。
「色彩を多用した絵画におけるのと同じ効果が、これによって音楽においてもつくりだされる」

これらは中沢氏が友人(という設定?)の作曲家L-Bから、
《シンフォニア》と名付けた新作で使うテクストの選択を頼まれたことを回顧する中で登場する。
また、中沢氏が三輪眞弘氏(作曲家)とコラボレーションした際に生まれた「虹の技法」と、
三輪氏が現在進めている「新調性主義」というコンセプトにも大いに刺激を受けての作曲となった。
(このプログラムノート自体が氏の劣化コピーだと云えるだろう)

曲の構造には「7」という数字が大きく関わっている。
例えば、この曲は、大まかに分類して、七つのセクションから成立している。
即ち、オーボエ独奏、オーボエとピアノの二重奏、ピアノ独奏、フルートとピアノの二重奏、
フルート独奏、フルートとオーボエの二重奏、三重奏である(イレギュラーな要素を幾つか含む)。
音程関係やリズム、フレージングにも「7」という数字が関わっている。

また、西洋音楽が進化(退化?)する中で、特殊奏法の発展は必然であったかも知れないが、
本作では、フラッタータンギングのように定着したと思われるものも含め、
特殊奏法の類は一切、スコア上から姿を消している。

以上のことを、今、実践しておきたかった。
2012年の日本で体感し考えていることを、音楽で提示することは可能だろうか。
本作が例えば7年後に再演された場合、私は一体どのような環境で音楽を聴いているだろうか。
その状況もまた、逃れられない歴史の必然だろうか。



FLUTE and OBOE VOL.7 ~現代のコンサート~
【日時】2013年9月12日(木)18:30開場/19:00開演
【会場】サンエールかごしま・2F講堂
【料金】一般2,000円、高校生以下1,000円(当日券500円増)

【出演】
浅生典子(fl)、片倉聖(ob)
樋園亮(pf)、小松康(bass)、大久保重樹(dr)、久保禎(pf)

【プログラム】
M.ドゥリング/フルート、オーボエ、ピアノのための三重奏曲
久保禎/光の縁
田口和行/虹蛇
A.ヒナステラ/フルートとオーボエのための二重奏曲 Op.13
石田匡志/逆光の中で
C.ボラン/フルートとジャズ・ピアノ・トリオのための組曲 第1番
井元透馬/鹿児島のための3つの小品(委嘱初演)

【チケット取扱】十字屋CROSS、山形屋プレイガイド、コープかごしま
【お問合せ】Flute&Oboe演奏会実行委員会080-5273-2541

【主催】Flute&Oboe演奏会実行委員会
【後援】鹿児島市教育委員会、南日本新聞社、MBC南日本放送、鹿児島市芸術文化協会、薩摩フルートの会

FLUTE AND OBOE VOL.7
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。