記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決定。

8/4(日)、志布志・島津楽器 CUREO HALLで開催される、
おおすみ-かごしま芸術祭2013」クロージング・イベント。
http://2ndhometown.net/okaf2013/okaf2013/0804shibushi.html

こちらで初演される拙作、ピアノ10台のための《Piano Function》の出演者が決定しました。
県内在住者を中心とした、高校生を含む10名。
以下、パート順にお名前をご紹介致します(敬称略)

◆ 高橋英明(芸術祭参加アーティスト)
◆ 室屋麗華
◆ 川野浩美
◆ 坪田真理子
◆ 有川陽子
◆ 桑水奈々恵
◆ 上野恵大
◆ 日高研仁
◆ 川口愛梨
◆ 松薗鮎佳

1番奏者の高橋英明さんは、
本名名義の他に、mjuc、deepframe、natureblunt名義での活動も展開されていて、
2006年にはメディアオペラ「hour blink(アワーブリンク)」を公演。
2012年には3.11を背景としたサウンドインスタレーション作品「on the ground」を制作。
近年はご自身が制作したLEDデバイスやプロジェクションも絡めたライブパフォーマンスなど、
視覚領域と聴覚領域の結び付けを更に探求されています。

また、チームラボとの共作「百年海図巻」は台北のkaikaikikiギャラリーやヴェネチア・ヴィエンナーレ、
堂島ヴィエンナーレ、国立台湾美術館など、各国での展示が今なお続いています。
「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」(書:紫舟、インスタレーション:チームラボ、音楽:高橋英明)は、
フランスのLaval Virturl 2012で建築、芸術、文化賞を受賞されました。
音楽レーベルaiding主宰。東京芸術大学音楽学部作曲科卒業、同大学院修了。
現代音楽作曲家として名古屋市文化振興賞を受賞。



当日は同会場にて、JOU穴井佑樹の両氏と共に、
センサーと音響を使用したロビー・パフォーマンスも披露されます。

以下、高橋さんに関連する記事を二つ、ご紹介致します。
http://tok-led-artfest.net/works/works-bandai/invisible_inaudibleaiding/
http://www.cinra.net/interview/2010/09/15/000000.php

ピアノ10台を集めるのと同様に、ピアニスト10名を集めるのも大変です。
芸術祭発起人の一人である視聴覚作家・サウンドパフォーマーの松本充明さん、
株)島津 音楽事業部の上山大輔さん、紘子さんのご尽力に感謝申し上げます。

本作は一般的なステージと客席の関係ではなく、
会場1Fロビーにピアノ10台を円形に並べ、その円の内外で音楽を聴いて頂きます。
会場に居なければ体験し得ないものもあるでしょうし、
編成の都合上、再演はかなり難しいだろうと思います。

当日は、同じく志布志の若潮酒造蔵内でも芸術祭のイベントが開催されています。
8月最初の日曜日は是非、鹿児島県志布志市にお越し下さいませ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。