記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十台。

7月19日から8月4日まで、鹿児島県内8市町で【おおすみ-かごしま芸術祭2013】が開催されます。

この芸術祭は昨年、肝付町に引っ越されたコンテンポラリーダンス作家のJOUさんと、
視聴覚作家・サウンドパフォーマーの松本充明さんご夫妻が発起人となり、
「今あるモノを花ひらかせよう!」をテーマに、
県外からの参加者と地域の方々の「おかえり」「ただいま」の関係を育もうと昨年より開催されています。

今年は音楽家、美術家、ダンサー、アート・プロデューサーなど、
国内外26組28名のアーティスト/スペシャリストが参加するのですが、
私も二つのイベントに出演させて頂くこととなりました。

先ず、7月26日(金)、北田商店街で開催される「大隅オープニング」にて、
松本充明さんとトークセッションを行います。
後述する10奏者のための新作の話を中心に、
鹿屋に住みながら現代音楽作曲家として活動することについてお話しさせて頂く予定です。

松本さんを知ったのは、2011年8月に鹿屋・明照寺で開催された
Et in terra pax Reading presents『耳なし芳一』」での改造シタールとエレクトロニクスの演奏でした。
同年、アサヒ・アートスクエアで開催された『音楽の複数次元2011』では、
一柳慧《アピアランス》にバンドネオンで参加し、NHK-FM『現代の音楽』でも放送されています。

ずっと気になっていた松本さんと今年に入ってから急接近し、今回のトークセッションに発展しました。
最近、打ち合わせの度に様々な音楽の話になりますが、
この延長線上で語れたら、とても刺激的な内容になるだろうと思います。

この日は、書道家:白石雪妃、うたうたい:岩下清香、音楽家:Kouhei Harada.の三氏による
オープニング・セッションも予定されていて、そのアフタートークでは私が進行を担当致します。
鹿屋在住の岩下さんは『ぼくの地球を守って』エンディングテーマ、
菅野よう子さん作編曲の《時の記憶》を歌われた方で、
現在は平田みずほさんとのユニット「mono-folio」などで活躍されています。

そして、最終日の8月4日(日)、島津楽器で開催される「志布志クロージング」にて、
10台のピアノのための《Piano Function》が初演されます。

これは、上述の松本さんと島津楽器の上山大輔さんが発案されたもので、
お店にあるピアノを全て同時に演奏したらどうなるか、というアイデアに基づいています。
先に申しておきますが、同様の着想によるSteve Reich《Six Pianos》とは異なる内容です。
演奏は、大隅に所縁のある演奏家を中心とした10名。
詳細は後日、発表致します。

この日は、若潮酒造蔵内で、スイスから来日する音楽家:POL、映像作家:稲葉雅己、
コンテンポラリー・ダンサー:JOUの三氏によるコラボレーションを始め、
島津楽器では、音楽家:高橋英明、JOUの両氏に、
センサー・プログラミング:穴井佑樹氏を迎えたパフォーマンスも繰り広げられます。
また、芸術祭とのコラボ企画として、
デザイナー:エドツワキ、シンガーソングライター:コトリンゴの両氏によるライブパフォーマンス
「Street Piano Project in 志布志」も予定されています。

他にも期間中、三味線:田中悠美子、POL、松本充明の三氏によるライブや、
アート・プロデューサー:加藤種男氏による講演など、様々な企画が開催されます。
芸術祭全体の情報につきましては、以下のリンク先をご覧下さい。
http://2ndhometown.net/okaf2013/okaf2013/

数年前から「大隅、始まったな」といった言葉を聞くようになりました。
きっと今年の夏は、更に熱くなることでしょう。
出演者の名前を見ただけで興奮する方は勿論、多くの方にご来場・ご参加頂きたい芸術祭です。
是非、足をお運び下さい!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

01 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。