記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独逸。

今日はドイツのライプツィヒで、Wen-Ying Chenさんと田中美穂さんが、
テナーリコーダーとピアノのための《Daydream Dance I》を演奏して下さっています。
(スコアは、MünsterのEdition Tre Fontaneより出版)
未だお会いしたことのないお二人ですが、25日にもライプツィヒで演奏して下さるそうです。
ご縁に感謝!(*´ω`*三*´ω`*)

さて、この曲のリコーダー版フルート版の初演で共にピアノを演奏して下さったのは、
鹿屋出身で、チェコで学ばれた樋園亮(てぞの・りょう)さん。
今日は、来月開催の彼のリサイタルで初演される委嘱新作、
《How to be insensitive》の練習に立ち会いました。

ボサノヴァのような部分と、変拍子のリフが繰り返される部分を行き来する本作。
普通はここで盛り上がるべきでしょ?という所で盛り上がらないなど、
演奏者の生理に逆らうような音楽になっているので、
そういう所を中心に、彼の質問にどんどん答えていきました。

樋園さんは今までに拙作を4曲、初演して下さっていますし、
私自身が彼のピアノのファンですので、その音色を活かせるように努めましたが、
特にスローな部分では、今日の時点で既に鳥肌が立ちました。
きっと本番までに、更にブラッシュアップされることでしょう。

多くの方に聴いて頂きたい公演です。是非、足をお運び下さいませ。



樋園亮ピアノリサイタル
日時:2013年7月8日(月)18:30開場、19:00開演
会場:リナシティかのや・3Fホール(鹿児島・鹿屋)
料金:大人1,500円、小人(高校生以下)1,000円、全席自由

【プログラム】
J.S.バッハ:イタリア協奏曲
F.ショパン:バラード第3番
V.ノヴァーク:思い出
L.ヤナーチェク:霧の中で
A.スクリャービン:ピアノソナタ第3番
了徳寺佳祐:マルビナスの悲しみ
田口和行:How to be insensitive(委嘱初演)

チケット販売:リナシティかのや・3F売店、サウンド・ガレージ鏡堂、レストラン ロートレック
お問合せ:0994-43-1141(樋園亮ピアノリサイタル実行委員会)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

01 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。