記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十色。

夏に初演予定の新作、そのスコアとデモ音源を委嘱者さんに送信しました。

お題は、10奏者のための10分程度の作品。
いつもの現代音楽の委嘱とは異なるお話で、妄想を膨らませる時間の余裕も殆どなく、
渋谷慶一郎さんが『アルテス VOL.04』で語った、
「すごく早く仕上げたほうが自分の癖が全開になる。時間をかけるとつい新しいことを試しちゃうから」
「自分の手癖と、それを封じることを行ったり来たりすることも創造だと思うんです」
(ロング・インタビュー「ジェットコースターみたいなオペラにしようと思っていた」より、p3-4)
といった言葉を励みとしながら、渋谷さんとのレベルの違いは承知の上で、作業を進めました。

特に悩んだのが、全員揃っての合わせが本番直前の一回きりになるであろうこと。
いっそのこと、私が提示するルールを基本とした即興演奏が良いのではないかと、
例えば、大友良英さんが福島などでやっているオーケストラを真似する可能性もありました。
(リンク先に書いてありますが、この場合も前日にリハは行われています)

でも、打合せをしていくうちに、スコアはしっかりと書いてあった方が良いだろうということになり、
複雑な絡み方をするアンサンブルは出来るだけ避けながら、がっつり作曲することに致しました。
それでも、もしかしたら「こんなガチな内容は想定外だ」と思われているかも知れませんけど。。

作曲中、佐藤聰明さんの音楽をよく聴きました。
西村朗&佐藤聰明⇔湯浅譲二&松平頼暁という四氏を、私の好みは行き来するようです。
それぞれの作品というよりかは、コンセプトや技法、発言の数々への親近感と云った方が適切でしょうか。
(対立するものだとは、そこまで考えておりませんが、、)

スコア上では、11分程度の作品となりました。
公演の詳細は、きっと近日中に発表されるだろうと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。