記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷。

2日に渋谷の公園通りクラシックスで開催された「望月豪マンドリンリサイタル with 鷹羽弘晃
盛況の中、無事に終演致しました。
常に挑戦し続ける望月豪さんと、それを確かに支え続ける鷹羽弘晃さん、
お二人への(マンドリン業界に限らない)期待の大きさを改めて実感出来た公演でした。

拙作《Baby's Breath》も無事に初演されました。
かわいらしい曲で、ミニマルっぽく聴こえたのが意外だったという方や、
約8分の曲でしたが、あっという間だったという方もいらして、嬉しかったです。

後者の方を敢えて批判的な捉え方をすると、私はきっと我慢が出来ないのだと思います。
セクション毎の短さやコンセプトが徹底し切れていないのも、ここに由来するのでしょう。

また、先日のブログでは八音音階を用いたことしか書きませんでしたが、
この中の音を組み合わせた、重複を含む八音による二つの音列が用意されていて、
二つを行き来しながら曲が進行することに気付いた方までいらして、こちらも嬉しかったです。

本作の練習も、どういうシステムが使われているのか考えながら進めて下さったようで、
だからこそ、素敵な初演になったのだと思います。

この日のプログラムでは、壺井一歩さんの2作品と酒井健治さんの作品が特に印象的でした。
完成度、個性、アピール、etc...なかなかこのレベルには辿り着けないです。
濃厚な音楽を堪能致しました。

本番も良かったですが、打ち上げも面白かったです。
自身への正直な評価と違わないご意見を確認出来たのは今後の糧になりそうですし、
システムで弾き出された音楽の採用・不採用をどのようにジャッジするのか、といった話が出来たのは、
私にとって、とても楽しい経験でした。

「田口作品の透明感(だったかな?)は何処から来るのか」みたいな話もありましたが、
こればかりは自分でもよく分かりません。
鹿児島に住んでいるのに、寒さというか、北を連想させる所もあるそうです。
3月末の《水彩》初演の打ち上げでは、神秘性と表現した方もいらっしゃいました。
DT力に由来するのでは?と指摘する方もいらっしゃいましたが、失礼な!( ´∀`)σ)∀`)

あと、ずっと気になっていた「どうして拙作はいつまでも惜しいままなのか」という疑問にも、
色々なご意見を伺うことが出来ました。
要は、曲ごとに異なるそれなりの実験を試みていますが、
その達成度に左右されるというか、質が安定していない、ということなのでしょう。
いつも及第点を取れてしまう現代音楽作曲家というのもつまらない気がしますが、
勿論、私の場合は、その域に達していない程度での話です。

何でも器用にこなしてしまう現代音楽作曲家ほど、不要な存在は無いでしょう。
手当たり次第に取り組むのではなく、
語法や技法、コンセプトを先鋭化させなければいけない時期がいずれ来るかと思いますが、
未だ30代に入ったばかりですし、拙作が公の場で音になってから3年半しか経っていないんですもの。
もっと色々と試して(遊んで)みたいです。
若いうちから、自分のカラーを保ちつつ遊ぶことが可能な方もいらっしゃいますけど、
そこには特に興味が無いです(自分が嫌いになれる曲を作りたい、とか云ってるくらいですから)

時には作曲上の興味から、技術偏重というか、システムを優先し過ぎることもありますが、
次のステージに進むためには、一度やり切っておく必要があると思うのです。
ただ、その結果が良い曲になるとは限りませんので、
こんな曲が欲しかった訳じゃないのに・・・と委嘱者に思わせてしまうケースもあるのですが。。。

余談ですが、今日、東京国立近代美術館フランシス・ベーコン展と、それに集まる人たち、
2階の田中功起氏による《一つのプロジェクト、七つの箱と行為、美術館にて》などを観ている時も、
上記のようなことを考えておりました。

それにしても、作曲に突っ込んだ様々な意見が交わされた打ち上げでした。
もしかしたら、呑みの席として、こんなに色気が無いのも珍しかったかも知れません。
夜の渋谷なのに・・・。。
個別に盛り上がっているテーブルはありましたが、
私はこうして作曲の話が出来る雰囲気が大好きです(*´v`*)

望月さんによると、
今までの委嘱作品の幾つかを(ライブ録音ではなく)改めて録音し直す計画があるそうで、
今回の《Baby's Breath》も取り上げて頂く予定です。
会場へお越し頂けなかった方にも聴いて頂けるとのことで、私も楽しみに致しております。

次の上京は今月17日からの予定で、
18日に、同じく渋谷の公園通りクラシックスで開催される「大坪純平ギターリサイタル」に立ち会います。
こちらでは、ギター二重奏のための《エリクサー》と、アルトサクソフォンとギターのための《パテラ》が、
山田岳さんと椿義治さんをそれぞれゲストに迎えて、委嘱新作として初演される予定です。

先日行われた《パテラ》のリハについて、椿さんがブログに書いていらっしゃいますので、是非ご覧下さい。
http://ameblo.jp/bakki-sax/entry-11521633079.html

1泊2日の日程で上京したのは初めてでしたが、なかなか濃厚な時間を過ごせました。
お世話になった皆様、ありがとうございました!(((o(*゚▽゚*)o)))

Baby's Breath1 Baby's Breath2 Baby's Breath3
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。