記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧作。

どもっ(*・ω・)ノ自分です。

夏に歌曲を出品させて頂くかも知れない某公演について、
一昨日、主催団体の方と電話で打ち合わせ致しました。

以前お送りした旧作がイメージと違ったらしく、
(歌曲というより、器楽も前面に出て来る曲だったため)
シンガーソングライターを目指していた頃のスコアを送って欲しいと言われ、
別に黒歴史ではないものの、ちょっと動揺してしまいました。。

自分の中では、現在取り組んでいる現代曲と大差無いと思っていますが、
それでもフォークや歌謡曲寄りであることは間違いないですし、
8年くらい前の曲ですが、一体何に悩んでいたんだろう?というような詞ばかりですから。。。
(この吹っ切れた感じが、逆に、現在の私を虚しく感じさせることもあるのですが、、、)

取り敢えず、自分で詞曲共に書いたものと、友人の詞に曲を付けたものから1曲ずつ、
拍子がコロコロ変わるようなものは避けて、オーソドックスなタイプの曲を選びました。

当時は五線紙に書かず、歌詞カードにコードを振っていただけですので、
メロディを五線譜に起こす所から始めて、
その時々で気ままに弾いていたギターを思い出しながらピアノのパートを作って、
急いで浄書しました。
ショット社から出ている武満徹さんの『SONGS』のような感じでしょうか。
http://www.schottjapan.com/publication/shop/items/sj2000.html
思い入れもありますし、自分としては好きな曲たちなんですが、
売り物には成り得ないでしょう。

これが本当に参考資料となってくれるのか疑問ですが、
(新作は親しみ易さを考える必要は無いとのことでしたよね?)
思いの外、楽しい作業でした!
ギターの弾き語りも、やっぱり良いものですね、、、(*^▽^)/★*☆♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

01 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。