記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外は5月の雨

中島みゆきさんの「」は、この時期になると再生回数が増える曲の一つです。
歌詞も好きで、夜会VOL.6『シャングリラ』での歌唱が特に印象に残っています。

大好きな曲、憧れの曲は沢山ありますが、
「これには敵わない」と思った曲は、今までに2曲しかありません。
(単純に「曲」に対する話ではありませんが)

ひとつは、「らぶ☆センセイション」です。
OVA『ネギま!? 夏スペシャル!?』のオープニングテーマで、これはかなり衝撃的でした。
しかも、作編曲を担当された横山克氏(当時は「横山マサル」名義)は、自分と同い年。
同い年の人が作った音楽に打ちのめされたのは、この時だけです。
twitterで横山氏と会話させて頂いた時に、このことを話しましたら、
「なんで、その曲?ww」と返されましたが。www
思えば、2006年の時点で、僕の某音大コンプレックスは始まっていたようです。ww
そう云えば、昨年の現音本選会の打ち上げでも、某氏と横山氏について語り合いました。ww

もうひとつは、「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」です。
日常』のオープニングテーマで、ニコニコでの公式配信で初めて聴いた時、
「この映像に、男性ボーカルか…。嫌い」と正直思いました。
でも、何故か、もう一度聴きたくなって、聴き終わると、また聴きたくなって…。
ゆっこやみさとさんがあまりにかわいかったとはいえ、
それはもう、円環の理に導かれるようでした(その時点では知らない言葉ですがw)。
実は、ヒャダインさんについて全く知らなかったのですが、
色々と調べてみて、ご自身へのプロデュース能力の高さに衝撃を受けました。
曲中の女性ボーカルのことだって、最初は分からなかった訳ですから。
自作の魅せ方というのでしょうか、プロの仕業とは云え、
「こういう手があったのか…」と、落ち込んでしまうくらいにショックを受けました。
これらを踏まえて、「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」、
ならびに「ヒャダル子のカカカタ☆カタオモイ-F」を改めて聴き直して、
何食わぬ顔をした物凄い作品であったことに、初めて気付きました。
この辺りになると、単に好き嫌いの問題ではありません。
ご本人の意見とは異なるかも知れませんが、
「好きなように作曲しているだけだったらダメなんだよ」
と、改めて忠告されたように感じています。
そして、佐咲紗花さんも参加されているカップリングの「Choose me」が、
これまた大好きなんです。
ヒャダインさんの経歴を見れば納得の楽曲といいますか…。
サビの高音がたまりません。

作曲中は、むしろ、音楽をよく聴きます。
最近は、上記以外ですと、LiSAさんの『Letters to U』だったり、
豊崎愛生さんの『春風 SHUN PU』だったり、Sphere『Spring is here』だったり、
Radiohead『The King Of Limbs』だったり、旧譜になりますが、ONJQ『Live』だったり。
そして、素晴らしい音楽の数々に、「自分って相変わらずダメだな」とか思ってみたり。w
ナムサーン!!!

アルト・サクソフォンのための独奏曲は、近日中に脱稿出来そうです。
いつもお世話になっている方がセッティングして下さった今回のご縁。
毎度のことながら、初演が保証されているお話ではありませんが、
音になる日が来るのを楽しみにしております。
そう云えば、昨年のトランペットの時もでしたが、
独奏曲を書く時期と、某音大でその楽器のワークショップが開かれる時期が被るようです。
たった2回の出来事ですが。ww

何気に作編曲の予定が詰まっている5月以降。
コンクール応募曲は、いつ書きましょうか…。w

アジスアベバ!!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。