記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編成。

どもっ(・◇・)ゞ自分です。

ここ数日、マンドリン協奏曲《六花》について書いていますが、
「マンドリン・オーケストラのために作曲した」と話すと、大体、質問されるのが、
「マンドリン・オーケストラって、どんな編成?」「マンドリンばかり沢山居るの?」というもの。

ということで、今回は《六花》の編成について書いてみたいと思います(*´∀`)ノ

本作の編成は、以下の通り。人数は、35名程度でしょうか。

   ・ 独奏マンドリン
   ・ 第1マンドリン
   ・ 第2マンドリン
   ・ マンドラ(マンドラ・テノーレ)
   ・ マンドロンチェロ
   ・ ギター(クラシックギター)
   ・ ダブルベース(コントラバス)

調弦については、マンドリンはヴァイオリンと同じで、
マンドラ・テノーレは、マンドリンのオクターブ下(ヴィオラと同じではありません)、
マンドロンチェロはチェロと同じになります。

作曲するにあたり、メトロポリタン・マンドリン・オーケストラのメンバーで、
クラシックの作品をマンドリン・オーケストラへ編曲する手腕に定評のある、
笹崎譲さんに様々なアドバイスを頂きました。
ドビュッシーの《牧神の午後への前奏曲》を編曲した際は、かの湯浅譲二氏をして、
オーボエのフレーズがほんとにオーボエの音がするのに驚いた」と言わしめた方です。
http://294bros.com/gj/news/metropolitan2010/index.html

笹崎さんから頂いたアドバイスの中で最も印象的だった一つは、
「マンドリン・オーケストラと弦楽オーケストラを決して混同しないこと」でした。
例えば、ヴィオラに相当する音域の楽器が無く、しかも、マンドラとヴィオラは音色の性格が全く異なります。
(拙作の練習の録音でも思いましたが、マンドラは意外と主張して来る印象を持ちました)
発音原理、サウンドホールの向きなどの違いも影響します。
また、独奏ヴァイオリンと弦楽オケでは独奏も比較的聴き取り易い一方、
独奏マンドリンとマンドリン・オケでは独奏がオケに吸収され易いそうです。
(この辺り、私の中で歪曲してしまっている内容があるかも知れません、、、)

加えて、今回のもう一人の委嘱作曲家である壺井一歩さんは、
ただそれだけの虹》に関するインタビューの際に、
「僕はマンドリン・オーケストラを書いていて、
 弦楽オーケストラと違う、と思うのはギターパートがあることなんです。」と仰っています。
http://294bros.heteml.jp/news/10_4_24ARTE/tsuboi.html

これらのことを意識しながらの作曲になりましたが、
確かにギターの居場所がなかなか見つからず、
マンドリンとギターを融合出来たと思ったら、今度はダブルベースが妙に浮いてしまったり、
なかなか厄介な、しかし、それだけに固有の音響を作り出せる編成だと感じました。
複弦によるモワレ効果も期待出来るので、それを引き出すため、各パートの人数にも気を遣いました。
管弦楽やエレクトロニクスを導入することよりは音色の制限がある(と思われる)ことも、
私には魅力的で、挑戦する意欲を掻き立ててくれました。

まだまだマンドリン初心者の私ですが、
《六花》が、マンドリン・オーケストラの魅力を引き出し、
この編成で演奏することに意味がある作品になっていれば幸いです。

色々と書きましたが、やはり、実際に聴いて頂くのが一番でしょう。
《六花》を作曲する際、参考にしたマンドリン協奏曲で、
上述の壺井一歩さんが作曲された《抜忍アスタリスク》をご紹介致します。
マンドリン独奏は望月豪さん、指揮は鷹羽弘晃さん、
昨年の『リベルテ 第8回定期演奏会』の模様です。





マンドリンに更に興味を持たれた方は、『ギターの時間』に掲載されているインタビュー、
望月豪に聞く2011年からの10年」も併せてご覧頂きたいです。

マンドリン協奏曲《六花》は、12月1日(土)14時より、飯田橋のトッパンホールで開催される、
リベルテ 第9回定期演奏会』にて初演される予定です。
マンドリン独奏は望月豪さん、指揮は鷹羽弘晃さん。
本公演では、壺井一歩さん作曲の委嘱新作《マンドリンの為のソネット 第5番》
(ロンドンデリーの歌、アイルランドの子守歌、ダウン・バイ・ザ・サリー・ガーデンズ)、
笹崎譲さんが編曲されたプロコフィエフのバレエ《ロミオとジュリエット》も抜粋して演奏されます。

マンドリンを好きな方は勿論、音楽を好きな方々に広くお勧めしたい演奏会。
皆様のご来場を、心よりお待ち申し上げます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。