記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星空。

どもっヾ(´ω`=´ω`)ノ自分です。

何やら、新たな疾患概念が生まれたとのこと。
他人事ではないので、気を付けたいと思います(_´Д`)

さて。
毎週月曜23時から、文化放送 超!A&G+で放送中の番組、
『阿澄佳奈 星空ひなたぼっこ』

這いよれ!ニャル子さん』や『ひだまりスケッチ』シリーズで主役を務めるなど、
アニメやラジオ等で大人気の声優、阿澄佳奈さん(=あすみん)ですが、
7月2日放送分にて、6月23日に横浜アリーナで開催された、
「THE IDOLM@STER 7th ANNIVERSARY 765PRO ALLSTARS みんなといっしょに!」
に参加された話を熱く語っていらっしゃいました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

えっ!?
私も横アリに行ったあの日、同じ会場にいらしたということなの!?(* ̄∇ ̄*)

特に、やよいちゃんが好きとのことで、
バレンタインにアイマスの《バレンタイン》や、6月18日放送分では《キラメキラリ》を流すなど、
以前からアイマスを好きだと公言されて来た、あすみん。

「これに行くことで、これからも頑張っていけるよ」という言葉で始まった、ライブの感想。
10代の頃、アイドルとかに憧れることも無く、メディアの向こうの人に対して、
「この人に会いたい」という気持ちを抱くことも無かったそうですが、
そんなあすみんが「あのアイドル達が目の前に、、、!」と興奮されたとのこと。
「初めてファン心理というものを学んでいる」とも仰っていました。

どうしても仕事目線で見てしまうとのことでしたが、それでも楽しめることについて、
ガールズの皆さんのプロフェッショナル振りに感銘を受けられたようです。

7年という年月にも言及されていました。
この7周年というのは、
アイドルマスター』アーケード版稼働が2005年7月26日だったことに由来するものですが、
開発開始は2001年10月で、試作バージョンの段階から、
春香役の中村繪里子さんが声を吹きこんでいたことを考えると、
実際は10年以上の年月が経っていることになります。
その前の着想段階から、と考えると、もっと長い年月でしょう。

通常のアニメやゲーム作品では、ここまで長く一つのキャラクターと付き合うのは、
国民的作品と呼ばれるものを除くと、声優さんやスタッフさんにとっても稀有なことでしょう。
だからこそ、制作者サイドのキャラクターへの愛も強いですし、
それを支えて来たファン(=プロデューサー、プロデュンヌ)の方の愛も凄まじいのでしょう。

聴けて良かった曲を3曲、挙げていらっしゃいました。
やよいの《キラメキラリ》は大好きな曲らしいですが、
「うんうん、、、」と見守りたい気持ちで観ていらっしゃったようです。
プロデューサーの皆さんと同じ気持ちでいらっしゃる!
次に、くんの《自転車》を挙げて下さったのは嬉しかったなぁ。
素晴らしい楽曲で、女性に大人気の真くんですもの!
そして、23日が誕生日だった律子の《いっぱいいっぱい》
引っ込み思案な印象のあるあすみんがどのようにコールされていたか、興味深い所です。

その後も7thライブにちょこちょこ触れる、あすみん(*゚▽゚*)

「じゃじゃーん」と、アンコールで使われた特効のテープを取り出された時、
「あすみん、本当に好きなのですね!」と胸が熱くなりました!!

特効のテープが目の前に飛んで来ても、
なかなかテンションMAXになれないという、あすみん。
「あっ、あっ、あっ、、、」と控え目にゲットされたそうです。
普段の関係者席ではなかなか取れないものですが、
今回は、亜美・真美役の下田麻美さんがセンター席を取ってくれたとのことで、
テープをゲット出来たことが嬉しく、「宝物です」とまで仰っていました。

「絆を感じる」
「勉強になった」
「励みになった」
「考えさせられもした」

声優としての悩みも語られました。
当然のことながら、声優さんは、演じるキャラクター本人ではありません。
それでも、このようなイベントの場合、
キャラクターとして観てもらえたら、楽しんでもらえるかも、でも・・・。
というように、バランスを取るのが難しいそうです。
しかも、ただでさえ特殊なアイマスの現場です。
そういうライブを成功させられるガールズの皆さんに感銘を受けたと仰っていました。

アニメの前期オープニング曲だった《READY!!》を流しながら、
放送時には思う所もあって見られなかったアニメのアイマスを、
最近、やっと24話(最終話の一つ手前)まで見ることが出来たと仰っていました。
無趣味だと思っていた自分に「帰ったらやりたい楽しみがやっと出来た」そうで、
ここまで熱を帯びたあすみんの語りを聴けるのは、珍しかったように思えます。

「ことのはつむぎ」というコーナーでは、
頑張れば頑張るほど、走れば走るほど、
見えなくなってしまうものがあることについて、語られました。
「迷い道も間違いなんかじゃない、私の大事な過程」
「心にひとつだけ、それだけは失くさずに」
でも、
「それに向かって走っている筈なのに、どうして見えなくなるのだろう」

これは、23・24話で精神が不安定になっていく春香を見ながら、
自分を重ねた上で思ったことだそうです。
ここでもアイマスの話をすることに照れながらも、
頑張ることについて語り続けるあすみんに、私も感銘を受けました。

ちなみに、あすみんはブログでも、素敵に言葉を紡がれています。
髪をばっさり切って、ボブになって、更にかわいくなられた印象です(´∀`*)
http://yaplog.jp/asumibiyori/

あすみんも参加された23日公演のレポートが、「moca」というサイトでも掲載されています。
今までに紹介したサイトには無かった、ガールズ個人の画像が増えています。
http://moca-news.net/article/20120703/201207032143a/01/

次元が全く違うことは承知の上で、
今回の7thライブは、私も自分の作曲について、かなり考えさせられました。
「現代音楽を辞めて、アニソンの世界で活動したい」とかいう単純な話ではなくて、
私も未熟者なりに積み重ねて来たものがあるが故に、複雑に絡み合い過ぎて、
何だかよく分からなくなってしまって。。。
しかも、身近な音楽関係者には、アイマスの話を共有出来る方が居なくて、
久々に、やけに塞ぎ込んでしまいましたし。。。
アイマスのことを分かって頂いた上で相談に乗って頂きたいなんて、
我儘で贅沢な話ですけどね、、、( ̄▽ ̄;)

冒頭の疾患概念のネタですが、あながち冗談でも無くて。
例えば、資料として聴く音楽は別として、
自ら望んで聴きたいと思うのが、アイマス以外に無くなってしまっています。
ライブ前に予習として聴き込んでいたこともあって、
iTunesのここ2週間で再生した曲のリストを見ると、アイマスの曲しか表示されません。
これは不味いと思い、今日、違う曲を聴こうと試みましたが、どうもダメなんです。
時間の問題だとは思うものの、ここまで重症になるとは思いませんでした。

と云いつつ、勿論、新曲の作業は進めております!
詳しい内容は割愛しますが、余計なことを考えられない状態が良い方向に働いているのか、
作品のアイデアを、いつもより一つ上の段階で抽象化出来ているような気が致します(●´ω`●)

アイマスのおかげで、新たな一歩を踏み出しつつあるのかも!
いつも通り、ポジティブに捉えましょう!!

今日も、思い付くままに蛇行するブログとなりました。
あすみん、アイマス関係者の皆様、ありがとうございました!!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。