記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧島。

どもっ(*゚∀゚)っ自分です。

霧島国際音楽ホール「みやまコンセール」にて、
『花開く ドイツ・バロック~教会・宮廷そして市民社会へ~』が開催されました(●´ω`●)

バロック音楽(特にヘンデル)の研究家、村原(田中)京子先生を中心に、
鹿児島に所縁のある音楽家の方々による本公演。
プロデュースとレクチャーを担当された村原先生以外の出演者は、下記の通り。

 テノール(カウンター・テノール&バリトン):ウーヴェ・ハイルマン
 ソプラノ:中村智子
 ヴァイオリン:長田新太郎
 トランペット:藤島謙治
 リコーダー&ヴィオラ・ダ・ガンバ:吉嶺史晴
 フルート:浅生典子
 オーボエ:片倉 聖
 チェロ:有村航平
 ファゴット:久保由香理
 チェンバロ&オルガン:竹下智子

今回のテーマは「ドイツ・バロック」
ヨーロッパの他の国々に比べてドイツ音楽の歴史は浅く、
「16世紀までドイツは音楽の『後発国』だった」と主張される村原先生。
マルティン・ルターの宗教改革が起きたこと、
教会旋法の時代を経験していなかったが故に、
他国より早く調性音楽の時代に入れたことなどを踏まえた上で、演奏を聴いていきます。
また、本公演ではバロック・ピッチではなく、モダン・ピッチによる演奏となったことも、
事前にアナウンスされました。

1曲目は、G.Ph.テレマン《12の英雄的コンチェルト》より。
オープニングに相応しい華やかな作品で、
今日のプログラムで唯一の金管楽器の登場ということもあって、大変印象的でした。

前半最後の曲は、J.J.クヴァンツ《トリオソナタ ハ長調》
リコーダー、フルート、チェロ、チェンバロによる編成で、
素敵なアンサンブルを聴かせて下さいました。
教会ソナタ形式ですが、いわゆる「緩」「急」の差は、
後の時代の音楽に比べると、余り感じられません。
言葉からイメージするよりも、「緩」は速く「急」は遅い感じ、と申しましょうか。。
速度標語の解釈(それに関係する移動手段の違い)と共に、
きっと現代とは大きく違っているであろう、
当時の生活様式、時間や空間の捉え方へ想いを馳せながら聴くことでした。
蛇足ながら、この差異こそが、古典が現代を生きる上での、最も大きな魅力の一つだと感じます。

後半の1曲目は、J.S.バッハ《結婚カンタータ》BWV202より。
特に、ソプラノとオーボエのオブリガードが絡み合う美しさに魅かれました。

続いて、J.S.バッハ《マタイ受難曲》BWV244より。
どの曲が演奏されるか楽しみにしておりましたが、
今日は、第56曲、第57曲、第39曲の順に演奏されました。
(第39曲は、特に好きな1曲です!)
ハイルマン先生の歌も大変魅力的でしたが、
ここはやはり、吉嶺先生によるヴィオラ・ダ・ガンバの素晴らしさを取り上げたいです。
確かに、現代音楽の分野でも世界的に名を馳せるリコーダーの演奏のようには、
この楽器を演奏出来ていないかも知れません。
しかし、先生のブログに書かれているバロック音楽への「思想」とも云うべき想いが
直截に伝わって来る演奏だったと思います。
(最近の私の作曲は、先生のバロック音楽の解釈に強い影響を受けております)

尚、来年2月、鹿児島国際大学音楽学科により、
《マタイ受難曲》全曲演奏が予定されているとのことです。

最後は、G.Ph.テレマン《ターフェル・ムジーク 第2集》No.2 ニ短調。
今日はフルート、オーボエ、リコーダー、ファゴット、チェンバロという編成で、
こちらでも、アンサンブルの妙を堪能させて頂きました。
快活な超絶技巧の連続が大変心地好かったです。
カデンツァ的な超絶技巧も良いのですが、こういう場面での超絶技巧の扱いは、
作曲をする立場として、私が憧れる所でもあります。

ここまで書いて来て、やはり、自分にバロックの知識が欠けていることを悔やんでおります。
でも、鹿児島でこのようなコンサートを聴ける喜びは、十分に感じることが出来ます。

大変素晴らしい音楽の数々に感謝(*゚▽゚*)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【霧島。】

どもっ(*゚∀゚)っ自分です。霧島国際音楽ホール「みやまコンセール」にて、『花開く ドイツ・バロック~教会・宮廷そして市民社会へ~』が開催されました(●´ω`●)バロック音楽(特にヘンデル)の研究家、村原(田中)京子先生を中心に、鹿児島に所縁のある音楽家の?...

t_AGCH's twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。