記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます

どもっ(・◇・)ゞ自分です。

日付変わって、2012年1月2日。
皆様、如何お過ごしでしょうか?

遅れ馳せながら、あけましておめでとうございます!
新しい年が素敵な一年でありますように、心よりお祈り申し上げます!

年が明けて、委嘱新作初演の情報が解禁となりました。
8月9日(木)に杉並公会堂・小ホールで開催される
會田瑞樹ヴィブラフォンソロリサイタル Vol.1 ~思いがけない出会い~」にて、
独奏ヴィブラフォンのための委嘱新作初演がございます。
演奏は勿論、會田瑞樹さん!
清水一徹、山本和智、木山光の三氏の委嘱新作初演もございます。
先月21日、「eX.16」のゲネプロ前に武蔵野音楽大学で、
會田さんにヴィブラフォンのレクチャーをして頂いたのですが、
この楽器について、私が勘違いしていたことも幾つか見つかった一方で、
偶発的に見つかったような奏法も幾つかあり、大変実りの多い時間となりました。
作曲、初演の時が今から楽しみです!
現代曲では定番のとある奏法をクローズアップした作品になる予定で、
某映画に出て来る、12月18日未明がテーマです。
音楽評論家の西耕一さんに「憑依型の演奏」と評された會田さん。
濃厚なリサイタルを、是非ご期待下さい!
(それにしても、とんでもない顔ぶれの中に入ってしまいました。恐ろしや、、)

今年は委嘱新作初演が幾つか予定されています。
昨年は2件ございましたが、
未だ公表されていないものを含めると、今年はその倍以上になりそうです。
「新作」と「委嘱新作」の使い分けについて、先日も某所で話に出たのですが、
私の中では、作曲料が発生するかどうかで使い分けています。
「作曲でお金を貰えるなんて思えない」という話になることも多いのが、
この現代音楽という摩訶不思議な世界。
作曲すればする程に、お金が出て行くんです・゜゜・(/□\*)・゜゜・
他の業種の方には、なかなか説明が難しい所です。
作曲と報酬の関係については、Twitter上で「全作曲家が泣いた」と話題になったww
今年の大河ドラマの音楽を担当されている作曲家、吉松隆氏の
作曲家という仕事」を読んで頂きたいです。

ちなみに、吉松氏は私にとって重要な作曲家の一人で、
「作曲家たるもの独学であるべし」
「大学は中退すべし」
などという恐ろしいことを仰る、素晴らしいお方であります。www
(そして、それを真に受けた愚かしい人が、ここに一人、、wwww)

閑話休題。
とにかく、作曲をしてお金を頂くことに慣れていない身としては、
委嘱新作に、変なプレッシャーを感じ続ける2012年になる筈です。
今年の案件について、一番早くお話を頂いたのは、昨年の6月でしょうか。
それからずっと、内心ではガクブルしております(((;゚Д゚)))
(この公演は未だ公表されていません)
だからと云って、プレッシャーから逃げ出すようなことは勿論致しませんし、
素敵なご縁に感謝しながら、真摯に作曲して参ります!!

年始からお金の話だなんて、ちょっとアレかも知れませんが、
でも、やっぱり大事な話ですよね?

現在、メインで取り組んでいるのは、マンドリンの独奏曲です。
こちらは、4月に東京、5月に大阪で開催される
望月豪×橋爪皓佐ジョイントリサイタル「Plink, Plank, Plunk!」新しい、撥弦楽器の音を。
で初演して頂く予定です。
昨年11月25日に初めてお会いした望月豪さん。
彼の演奏を想定しての作曲は、大変楽しい時間となっております。
面白い趣旨の公演ですので、こちらも是非ご期待下さい!

正月早々、広範囲での強い地震があったりして、
今年もなかなか大変な年になりそうな予感が致しますが、
困難の中でも、一つでも多くのご縁が生まれますように。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

t_AGCH's twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。