記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

下僕。

声と二十五絃箏のための《序の歌》が、山本亜美さんによって先週初演され、今年の新作初演は、これで8作品すべてが終わりました。一口に現代音楽と云っても、そこに求めるものは人それぞれ。委嘱者のレパートリーや過去の発言などを勉強した上で作曲しますが、作曲の手法は大きく変わらないとしても、私ごときが独りで考えても発想し得ない、いずれも、委嘱者や初演の機会のおかげで作れた音楽となりました。来年の委嘱新作の打ち...

続きを読む

同人。

一昨日のブログにも書いた通り、Thomas Piercyさんとの打ち合わせのため、23日は東京ビッグサイトに行って参りました。打ち合わせの後、すぐに羽田へ向かう予定でしたが、せっかくの機会なので、東展示棟にも立ち寄ることに。そう、同人誌の展示即売会『COMITIA110』の開催日だったのです。この手の同人誌というと、人気作品の二次創作を想像される方も多いかと思いますが、いわゆるオリジナル作品に限定している所が、コミティア...

続きを読む

再々。

明日28日(金)午前9:20より放送のNHK-FM『リサイタル・ノヴァ』は、打楽器奏者、會田瑞樹さんの出演回が再々放送される予定です。平日の朝ではございますが、お時間のある方は是非、お聴きくださいませ。http://www4.nhk.or.jp/nova/x/2014-11-28/07/91817/尚、来年1月29日(木)、鹿児島市・e-space hallで開催する「會田瑞樹ヴィブラフォンソロリサイタル鹿児島公演」は、十字屋CROSSと山形屋プレイガイドにてチケット販売中です。...

続きを読む

有明。

23日の早朝。打ち合わせのため、東京ビッグサイトへ。ニューヨークを拠点に活躍されているクラリネット奏者、Thomas Piercyさんが楽器フェアで仕事があるとのことで、その前に時間を作って頂きました。来年初演して頂く二重協奏曲《Azure Child》について、公演のテーマを踏まえたコンセプトや、各音の細かいニュアンスを一つずつ確認。既にスコアを読み込んでくださっていることも含め、作曲家冥利に尽きる時間です。今度、初演予...

続きを読む

本領。

21日の夜。チェロの佐藤翔さん、三味線の本條秀慈郎さんのリハーサルに立ち会いました。7月に東京オペラシティ・コンサートホール:タケミツメモリアル主催公演で委嘱初演された《いったんもんめ》を、先月に引き続き、今月末も再演して頂きます。スコアを改めて吟味されたらしく、驚く程に良い演奏となっていました。私は未だ、このデュオの本領を知らなかったようです。妖怪(一反木綿)の怖さよりも、ふわゆるなイメージを実は...

続きを読む

予兆。

先週22日、神楽坂のTHEGLEEで開催された「山本亜美&中井智弥 箏・二十五絃箏 DUO RECITAL ~琴瑟相和 キンシツアイワス~」大変面白く、充実の公演でした。後半に演奏された伊福部昭のバレエ・サロメに依る2作品、《七ツのヴェールの踊り》《ヨカナーンの首級を得て、乱れるサロメ》では、山本さんが二十五絃箏、中井さんが低音二十五絃箏を担当。その鬼気迫る演奏に、30分が短く感じられる程、引き込まれました。途中、箏の音色...

続きを読む

反響。

「ぶらあぼ12月号」に打楽器奏者、會田瑞樹さんのファーストアルバム、『with...』のレビューが掲載されました。http://ebravo.jp/digitalmagazine/bravo/201412/#page=172国内を代表するレーベルの一つであるALM RECORDS(コジマ録音)からリリースされ、今年度の文化庁芸術祭参加作品にも選ばれた本ディスク。20代半ばの會田さんに惚れ込んだ、彼と同じ世代から80代までの作曲家、末吉保雄、田口和行、内藤明美、国枝春恵、糀場...

続きを読む

五年。

2009年11月16日、東京オペラシティ・リサイタルホールで開催の「第26回日本現代音楽協会作曲新人賞本選会」にて《葉桜》が初演され、今日で5年が経ちました。《葉桜》は、フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロによる四重奏曲で、旬が過ぎたように思われている音列技法を、私なりに再評価しようと試みた作品でした。過去の名作が既にある室内楽の編成で作曲するのは今も大好きですが、公の場で初めて演奏された拙作が本作だっ...

続きを読む

来週。

箏演奏家の山本亜美さんより、来週初演して頂く《序の歌》の新しい録音が届きました。立原道造の詩を用いた、声と二十五絃箏のための委嘱新作です。基本的には素朴な音楽なのですが、逢魔時と申しましょうか、私が中二病的とも云えるようなテキストの解釈をしてしまったため、ちょっとだけ素直じゃない部分を含む音楽になっています。このような音楽は、何度も練習して慣れてしまうと、異質さを想定した部分さえも自然に演奏されて...

続きを読む

試演。

先日の東京滞在中、打楽器奏者の會田瑞樹さんから、ヴィブラフォンのレクチャーを受けて参りました。来年1月29日(木)に會田さんの鹿児島公演を開催しますが、こちらで初演される新作《鳰》について、幾つかのアイデアや疑問点を試演して頂き、より効果的と思われる別案も示して頂きました。3年前にも《moonlight dancer》という独奏曲を作る前に、レクチャーをお願いしましたが、こういう時間は本当に重要で、私ごときが独りで考...

続きを読む

t_AGCH's twitter

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。