記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

インタビューが掲載されました

本日、鹿児島ブランディング情報誌【Region】23号が発行されました。これは、渕上印刷株式会社さんが年に4回発行しているフリーマガジンで、「新たな鹿児島の可能性を探る」をテーマとした、内容がかなり充実している雑誌です。今号の特集は、「大隅才発見」。鹿児島をクローズアップするといっても、なかなか取り上げられない大隅半島。こういう企画が実現するだけでも、何だか嬉しくなります。実は、私のインタビューも掲載され...

続きを読む

吉嶺史晴リコーダーレクチュアコンサート

3月25日(金)、リコーダー奏者・作曲家の吉嶺史晴先生による、レクチュアコンサートに伺いました。会場である「カトリック鹿児島司教区ザビエル教会主聖堂」には初めて伺ったのですが、厳かな雰囲気の中、豊かな音響でコンサートを楽しむことが出来ました。実は、「鹿児島でコンサートを開催出来る教会」という先入観で、全く違う教会の入口で開場時間まで待っていたのは別の話…。(開場時間になっても、誰も来ないんだもんww)開...

続きを読む

くにたちフレンドリー・コンサート

フルート奏者の竹下順子さんからお誘いを受けて、サンエールかごしまで開催された「第8回くにたちフレンドリー・コンサート」に伺いました。これは、鹿児島県出身の国立音楽大学在学生と卒業生の合同演奏会で、私が伺うのは、今回が3回目でした。(私がお世話になっている方には、クニタチ関係者が何故か多いですww)とにかく楽しみだったのが、大学院作曲学科1年の中村匡宏さん。今年は、《living structure》という作品を初演さ...

続きを読む

イニシエーション?

【2011年3月15日追記】3月17日の『eX.16』は、12月21日(水)に延期となりました。オルコッ党の皆様、ごきげんよう。3月17日(木)、杉並公会堂・小ホールで開催される『eX.16 マグナムトリオ、現代音楽を吹き飛ばす。』にて、拙作、3人のフルート奏者のための《initiation》が初演されます。「eX.(エクスドット)」とは、今の現代音楽界を代表する作曲家である、川島素晴、山根明季子両氏が主催する現代音楽のシリーズで、通常の...

続きを読む

【告知】梶ヶ野亜生&福田井山 デュオ・リサイタル

2009年8月に、フランスより、サクソフォンのジェローム・ララン氏、クラリネットの森あゆみ氏をお招きして開催した、鹿児島に所縁のある演奏家さんによる「デュオ・リサイタル・シリーズ」の第2弾。今回は、邦楽器奏者のお二方!そして、拙作も上演して頂けることとなりましたO(≧▽≦)O年度初めのお忙しい時期かとは存じますが、皆様のご来場を、心よりお待ち申し上げております。■■デュオ・リサイタル・シリーズ Vol.2梶ヶ野亜生...

続きを読む

t_AGCH's twitter

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。